パソコンの選び方・・・

パソコンには色んなメーカーがあり、価格もバラバラです。
パソコンを選ぶときに一番大事なことは

どのようなことにパソコンを使うのか
SSD(エスエスディー)を搭載したもの
が重要となります。

CPU、メモリ、SSDなどの説明は下部にございます。


・ワード(文書作成)・表計算(エクセル)のみ使用する場合
 ・CPUは Celeron(セレロン) 以上が搭載されているもの
 ・メモリは 4GB 以上搭載されているもの
 ・SSDは 240GB 以上搭載されているもの
 ・ワード・エクセル が付属しているもの

・ワード(文書作成)・表計算(エクセル)・年賀状作成をする場合
 ・CPUは Celeron(セレロン) 以上が搭載されているもの
 ・メモリは 4GB 以上搭載されているもの
 ・SSDは 240GB 以上搭載されているもの
 ・ワード・エクセル・年賀状作成ソフト が付属しているもの

・インターネットのみ使用する場合
 ・CPUは Core-i3(コア アイ スリー) 以上が搭載されているもの
 ・メモリは 8GB 以上搭載されているもの
 ・SSDは 240GB 以上搭載されているもの
 ・Wi-Fi(ワイファイ)で接続される場合は ワイヤレスLAN を搭載
  しているもの

・ワード(文書作成)・表計算(エクセル)・インターネット
        年賀状作成・音楽の保存・写真や動画の保存をされる場合
 ・CPUは Core-i3(コア アイ スリー) 以上が搭載されているもの
 ・メモリは 8GB 以上搭載されているもの
 ・SSDは 500GB 以上搭載されているもの
 ・Wi-Fi(ワイファイ)接続される場合は ワイヤレスLAN を搭載して
  いるもの
 ・ワード・エクセル・年賀状ソフト が付属しているもの

・動画の編集をされる場合
 ・CPUは Core-i7(コア アイ セブン) 以上が搭載されているもの
 ・メモリは 16GB 以上搭載されているもの
 ・SSDは 500GB 以上搭載されているもの

 ※
 イラスト作成、写真の編集、オンラインゲーム、CADや積算ソフトなど
 業務用途の場合は使用ソフトごとにおすすめ性能が変わってきますので
 お問い合わせください。 


CPUとは
CPUとは パソコンの頭脳 のことです。
CPUの性能が高いほど処理速度が上がり、重たい作業でも速く処理をする
ことが可能となります。
CPUには、いくつも種類がありますが一般的には下記のタイプが搭載され
ています。
下側に行くほど高性能なCPUとなります。

Celeron(セレロン)

Core-i3(コア アイスリー)

Core-i5(コア アイ ファイブ)

Core-i7(コア アイ セブン)


メモリとは
メモリとは  のことです。
例えると勉強をするときに小さな机だとノートしか置けませんが大きな机
だと教科書や辞書、パソコンも置くことができて効率よく勉強ができます。
メモリの容量が大きいほどパソコンの作業効率が上がります。



HDDとは
HDD(ハードディスク)またはSSD(エスエスディー)とは
倉庫 のことです。
容量が大きいほど、たくさんのデータを保存することができます。
パソコンは必ずSSDを搭載した機種を選ぶことをおすすめいたします。
HDD(ハードディスク)を搭載した機種は安価になるのですが
パソコンの起動や操作がものすごく遅くなるためおすすめできません。

のんびり使うから遅くても良いと言われていた方でも、後日パソコンが遅い
ので速くしてほしいというご相談がものすごく多いです。



光学ドライブとは
光学ドライブとは CDやDVDやブルーレイ のことです。
対応している項目は下記の表の通りとなります。
  CD再生 CD書込 DVD再生 DVD書込 ブルーレイ再生 ブルーレイ書込
DVD-ROM × × × ×
DVDスーパーマルチ × ×
ブルーレイ


OSとは
OS(オペレーティングシステム)とは パソコンを操作したりアプリを
動作させるための 基本ソフト になります。
現在、販売しているものは下記の2種類となります。

・Windows10(ウィンドウズ テン)
・Windows11(ウィンドウズ イレブン)

Windows10はWindows11に比べて安価となります。
長く使用されたい方は最新のWindows11搭載パソコンをおすすめいたし
ます。



Officeとは
Office(オフィス)ソフトとは一般的にマイクロソフト社製のOfficeソフト
のことで下記ソフトが使用可能です。
エディションによって使用可能なソフトに違いがあります。

・ワード・・・文書作成ソフト
・エクセル・・・表計算作成ソフト
・パワーポイント・・・プレゼンテーション作成ソフト
・アクセス・・・データベース作成ソフト
・アウトルック・・・メールソフト

エディション
・Office Personal(オフィス パーソナル)・・・
 ワード・エクセル・アウトルックが使用可能
・Office Home and Business(オフィス ホームアンドビジネス)・・・
 ワード・エクセル・パワーポイント・アウトルックが使用可能
・Office Professional(オフィス プロフェッショナル)・・・
 ワード・エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルックが使用可能

バージョン
各エディションには、それぞれ2010年版、2013年版、2016年版
2019年版、2021年版というバージョンがあります。


マイクロソフト社製Officeソフトとは別にキングソフト社製のWPS Office
という製品もございます。
マイクロソフト社製Officeソフトと高い互換性があり、価格もリーズナブル
なので自分だけで使用される場合はおすすめです。


WPS Officeでは下記ソフトが使用可能です。
エディションによって使用可能なソフトに違いがあります。

・Writer(ライター)・・・文書作成ソフト
・Spreadsheets(スプレッドシート)・・・表計算作成ソフト
・Presentation(プレゼンテーション)・・・プレゼンテーション作成ソフト

エディション
・WPS Personal(ダブリューピーエス パーソナル)・・・
 ライター・スプレッドシートが使用可能
・WPS Standard(ダブリューピーエス スタンダード)・・・
 ライター・スプレッドシート・プレゼンテーションが使用可能




端子説明
・ワイヤレスLANとはインターネットにワイヤレス(無線接続)で接続する
 ための機能です。
 これが搭載していないパソコンはワイヤレスでインターネット接続ができ
 ません。
 Wi-Fi(ワイファイ)もワイヤレスLANを搭載していないと使えません。
 インターネットに有線で接続する場合やワイヤレスLAN機能が必要ない
 場合はワイヤレスLAN非搭載のパソコンを選択されても大丈夫です。

・Bluetooth(ブルートゥース)とはBluetooth規格のマウスやイヤホン
 などの機器と接続するための機能です。
 Bluetooth機器との接続をされない場合はBluetooth非搭載のパソコンを
 選択されても大丈夫です。

・カードリーダーとは主にデジカメやスマホなどで使用されるSDカード内
 の写真や動画をパソコンに取り込むための端子です。
 SDカードからデータの取り込みをされない場合はカードリーダー非搭載の
 パソコンを選択されても大丈夫です。

・WEB(ウェブ)カメラとは
 ご家族やお友達とのビデオ通話や会社のビデオ会議などで使用するための
 カメラです。
 ビデオ通話やビデオ会議をされない場合はWEBカメラ非搭載のパソコンを
 選択されても大丈夫です。

・テンキーとは
 電卓っぽい見た目の数字キーのことで、数字を入力するときにテンキーが
 あると便利です。
 テンキーが非搭載でも数字の入力はできるので絶対に必要なものではない
 です。

・HDMI端子とは
 パソコンの画面をモニターやテレビに出力する端子です。
 HDMI端子を搭載しているとモニターやテレビにつなげることで大画面で
 パソコンの画面を映すことができます。

 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。